ダイエットのリバウンド防止に、この高性能ブレーキを使おう

ダイエットのリバウンド防止に、この高性能ブレーキを使おう

ダイエットと言えば、最大の敵は「リバウンド」。せっかくダイエットが成功しても、リバウンドをしてしまっては何の意味もありませんよね。
実はこのリバウンド、ダイエット中からある工夫をすることで防ぐことができるんです。今回は、ダイエット中からできるリバウンド対策について解説します。

ダイエットはうまくいきすぎてはいけない?

早速ですが、皆さんのダイエットは順調に進んでいますか? 中には毎月決めた目標通りに体重が減って、「ダイエットなんて楽勝!」と思っている方もいるのではないでしょうか。
しかし、そんな人にほど注意してほしいのがリバウンドです。ダイエットが終わってからも今の食生活を続けることなんて余裕、ダイエットのために始めた運動も趣味になっているからずっと続けられるはず、そう思っていても、意外なポイントでつまづいてダイエットが台無しになってしまう恐れがあります。

痩せれば痩せるほど、身体は食べたがる?

私たちの身体には、ホメオスタシスという傾向があります。これは日本語で恒常性と呼ばれ、体内の内部環境を一定に保ち続けようとする働きです。このホメオスタシスは、ダイエットの最大の敵でもあり、同時に味方でもあるのです。

ホメオスタシスが味方になる場合

ホメオスタシスは、私たちの身体を一定の状態に保とうとします。つまり、一度痩せてしまって、私たちの身体がその体重を覚えれば、あとは無理な運動や食事制限をせずともホメオスタシスが勝手に痩せた状態をキープしてくれるのです。
もちろんあまりに食べすぎたり動かなさすぎたりすれば太ってしまいますが、ダイエット中よりもダイエット後の方がはるかに楽だと言われるのはこのホメオスタシスの働きのおかげです。

ホメオスタシスが敵になる場合

しかし、ダイエットが成功した直後は、まだ私たちの身体は痩せた状態の体重を覚えていません。むしろホメオスタシスは私たちのダイエット前の体重を記憶しているため、その状態に戻ろうと必死に私たちの本能に働きかけます。
具体的には、やたらと甘いものが食べたくなったり、なんとなく身体がだるくなったりといった症状が挙げられます。これらは、ホメオスタシスの指示で私たちの身体が必死にカロリーを蓄え、消費しないように動いた結果なのです。
ちなみに、このホメオスタシスが痩せた状態の体重を覚えるまでには、おおよそ1年程度が掛かるとされています。
つまり、ダイエットが成功してからも1年間は気を抜くことが許されないというわけです。
ダイエットがせっかく成功したのにリバウンドしてしまった方の多くは、このホメオスタシスが原因であるとされています。
痩せれば痩せるほど食べたくなるのは、決してあなたの意思が弱いわけではないのです。

ダイエットのリバウンド防止に、この高性能ブレーキを使おう

秋から冬のダイエットは特に注意! 季節性うつとは?

他にも、リバウンドのきっかけとなる要素はいくつかあります。その中で特に注意してほしいのは「季節性うつ」という症状です。
季節性うつとは、ある季節にのみ身体のだるさや疲れやすさ、気分の落ち込みなどが表れる症状です。よく知られている例としては、五月病なども季節性うつの一種であるとされています。
ダイエットの敵となりがちなのは、冬の時期に現れる季節性うつです。これは「冬季うつ」と呼ばれており、通常のうつ症状である身体のだるさや疲れやすさ、気分の落ち込み、睡眠時間の乱れ以外に、炭水化物や甘いものがやたらと欲しくなるという症状があります。
冬季うつの原因は、日照時間の少なくなることや生活リズムの乱れなどが挙げられます。
しかし、それ以上に無視できないのは過度のダイエットも冬季うつの原因であるという点です。具体的にどの程度が「過度」であるのかは判断の難しいところですが、ダイエットが順調に進みすぎているという方は注意する必要があるでしょう。
冬季うつが発症する時期はひとによって様々ですが、期間の長い方では夏の終わりから春先まで、半年以上冬季うつが継続する場合もあります。
この期間の間中炭水化物や甘いものを食べ続けていれば、それ以前にどれだけダイエットが成功していてもリバウンドは確実です。
冬季うつを避けるためには、一度に多くの体重を落としすぎないように気をつける必要があるでしょう。また、せっかくダイエットの一環として運動をするのであれば日光を浴びるように気を付けることも、冬季うつの対策になります。

まとめ

ダイエットの最大の敵であるリバウンドについて、ふたつの原因を理解していただけたのではないかと思います。
ダイエットを成功させるために様々な努力を行うことは重要ですが、ダイエットが順調に進みすぎている場合は、リバウンドへの道を歩んでいる可能性もあります。そのことを忘れずに、常に自分の身体の状態を冷静に判断しながらダイエットを進めてくださいね。

  • おすすめエステ体験ランキングを見る
  • 痩身エステ体験レポートを見る